医療用ウィッグの存在は大きい

最新情報

カテゴリ:装着

普通のものとは違う医療用ウィッグの良さ

自然な仕上がり 抗がん剤などで治療をしている最中の患者さんの肌は、健康な人と比べてとても敏感です。副作用で髪が抜け落ちた頭にウィッグをかぶせようとしても、頭皮に接触するネットで肌荒れを起こし…

詳細はコチラ

カテゴリ:風格

医療用ウィッグの素材について

スタイリングがしやすい 病気の治療や怪我で髪の毛を失った人を支えてくれるのが医療用ウィッグです。肌への負担が少ないように素材にもこだわって作られている医療用ウィッグですが、毛自体にも様々な週…

詳細はコチラ

カテゴリ:装着

医療用ウィッグを試す際には

髪の毛は大切なもの 癌になり抗がん剤で髪の毛を失うことは、病気の方にとっては非常に辛いことです。特に女性にとって髪の毛はとても大切なものなので、精神的に受けるダメージも大きくなります。医療用…

詳細はコチラ

外出許可用

身内が長期の入院を必要とする病気になり、薬の副作用の関係で髪の毛が抜けるとのことでした。男性だったら抜けたままでも良いかもしれませんが、女性だったためやはり髪の毛が抜けることに対する抵抗は相当に大きかったと思います。薬の副作用で髪の毛が抜けることをした後に「安いのでいいから医療用ウィッグを買ってきて欲しい」と言われました。正直言ってその時ウィッグの存在を知らなかった私は、慌ててネットで検索しました。今では当たり前の様に使われている医療用ウィッグですが、その当時は私も含めて身内の誰もウィッグの存在は知りませんでした。もちろんカツラは知っていましたが、ウィッグという呼び名を知らなかったのです。ネットで見るとかなり値段に差があり、どれを買えばいいのかわかりません。実際に手に取ってみることができないのでどの程度の髪質なのかも確認できませんし。でも本人に聞いたらウィッグの上に毛糸の帽子をかぶるということだったので、髪質などはどうでもいいという事でした。洗濯することを考えると、1個よりも2個あったほうがいいだろうと思ってタイプの違うウィッグを2種類買ってあげました。かなり喜んでくれて今では外出許可が出た時には必ず着用している様です。

ファッションでも使える

加齢による薄毛や、ストレスによる脱毛、治療による脱毛など様々な理由で髪の毛は薄くなります。単なる薄毛であればファッション用のウィッグを使うという手もありますが、治療や病気による脱毛の場合は機能性の高い医療用ウィッグがおすすめです。
医療用ウィッグとファッション用ウィッグの違いは、機能性の高さと値段です。医療用ウィッグの方が肌に優しく、より頭にフィットしやすくなっています。抗がん剤治療による脱毛などでは、頭皮も非常に繊細な状態となっています。医療用ウィッグならばそのような繊細な頭皮に使うこともでき、体にストレスを与えにくくなっています。また、脱毛状態の進行具合によって髪のボリュームは大きく変わります。安いウィッグでは合わなくなってしまうおそれもあります。医療用のものならば、あらゆる状態に対応できるような商品ラインナップがあります。
このようなメリットがある医療用ウィッグですが、その分値段も高額であるというデメリットもあります。日によってウィッグを変えたり、部分用と全体用で変えたりするとかなりの費用となってしまいます。このようなニーズを受けて、近年ではファッション用ウィッグでも機能性の高いものが登場してきました。よりヘアスタイルを楽しみたい人はこうした価格の手ごろな物を選ぶのもおすすめです。