医療用ウィッグを試す際には

髪の毛は大切なもの

癌になり抗がん剤で髪の毛を失うことは、病気の方にとっては非常に辛いことです。特に女性にとって髪の毛はとても大切なものなので、精神的に受けるダメージも大きくなります。医療用ウィッグは病気の方の精神的ケアを行うためにも、なくてはならないものです。ウィッグというとこうした医療用のほかにもオシャレ用のものを思い浮かべるでしょう。実際医療用ウィッグはオシャレ用ウィッグとではどのような違いがあるのでしょうか。

医療用ウィッグとオシャレ用ウィッグはそもそもつける方の状況が異なっています。医療用ウィッグは病気や怪我で髪の毛がなくなってしまった方のために作られたもので、地肌に直接ウィッグを装着するために使用感には大変こだわって作られています。医療用ウィッグは長時間つけることを前提として作られているので、通気性がよく蒸れない作りになっています。そしてやわらかい安全な素材を使っており、より自然に見せる為に頭にしっかりとフィットするようになっています。またサイズも自由に調節する事ができます。

また医療用ウィッグは患者さんの精神的な負担を減らす為にも、より自然に見えるように精巧に作られています。人毛が使用されていることも多く、様々な工夫が施されています。

試着が重要なカギ

脱毛症や薬の副作用等で医療用ウィッグを買う場合、どんな場所で買えば良いのでしょうか?
まずファッション用と違い、医療用として使う場合は人にあまり知られたくない場合が多いです。そのため、試着スペースがしっかり隔離されているところで買うのがおすすめです。そして医療用ウィッグの場合、医療に詳しいスタッフがいるはずなので、アドバイスを受けながら選び、より適切なものを買うことをおすすめします。
医療用ウィッグはファッション用ウィッグと違い、値段が高いものが多いです。それは化繊ではなく、人毛で作られているためです。そのためかぶりやすく、フィット感がより感じると思います。ですがあまり高いものはちょっと…といった場合は、ファッション用を医療用として使うこともありです。ですがその場合はファッション用ウィッグの店でも、しっかりと試着スペースが隔離されているところで買うことをおすすめします。
ファッション用ウィッグの店でも店員にアドバイスをもらうことは出来ます。ですが医療の知識はないですし、頭皮を見られてしまうことになりますので、それが嫌であれば自分だけで決めましょう。
いろいろなものを試着してみて自分に合ったウィッグを見つけてくださいね。