医療用ウィッグの素材について

スタイリングがしやすい

病気の治療や怪我で髪の毛を失った人を支えてくれるのが医療用ウィッグです。肌への負担が少ないように素材にもこだわって作られている医療用ウィッグですが、毛自体にも様々な週類があります。
まず、本当の人の毛を使った「人毛」です。人毛を使用した医療用ウィッグは非常に効果ですが、その分自然でまるで自分の毛のように扱うことができます。洗髪する事でスタイリングはリセットされますが、カットやパーマなどのアレンジも楽しむことができます。また、人工の毛を使った「人工毛」です。人工毛は人毛に比べると価格も安くなっています。また、スタイリングもキープしやすくなりますが、耐久性が弱くなります。そして、人毛と人工毛の中間で両方の毛が使用されているのが「ミックス毛」です。ミックス毛は、人毛と人工毛の良いところを合わせたものです。洗髪後もスタイルをキープする事ができ、カットなどのアレンジを楽しむこともできます。値段も両方のちょうど中間位になります。商品によって人毛と人工毛の割合が変わっており、それぞれ異なる風合いになります。扱いやすいのでこのミックス毛はとても人気となっています。素材に何を選ぶかによって、医療用ウィッグの扱いも変わってくるのです。

品質基準が制定

抗がん剤治療を受けていると、副作用で髪の毛がごっそりと抜け落ちてしまいます。髪の毛がなくなってしまうことは精神的なショックも大きいですし、帽子やウィッグを着用しないと外出したくないと感じる人が多いようです。病気が治る方が髪の毛よりも大切ですが、その代償は決して小さいものではないのです。帽子をかぶって誤魔化そうとしても、帽子の下から多少はみ出すはずの髪の毛が全くないので不自然さが残りますし、お店によっては帽子を被り続けるのが難しいところもありますよね。
でも医療用のウィッグなら外出先でもずっと被っていられます。薄毛や抜け毛が目立つ人用のかつらや、ファッション用のウィッグをかぶるのでも十分なのではないかと思われるかもしれませんが、これらのウィッグと医療用のウィッグは性質が異なるものです。医療用は薬の副作用で抜け毛がひどい人の為に開発されたものなので、見た目も自然な感じを追求していますし、頭皮への負担がないように素材やつけ心地にもこだわっています。以前は品質に関する基準が明確に定められていなかったので、医療用ウィッグを名乗るものでも、その品質にはかなりばらつきがありました。しかし、今では品質基準が制定されたので、そのような心配もなくなったのです。